施術者紹介

石嶺ゆきえ

米国IBA認定ボディートーク施術士

健康管理士一般指導員

沖縄県在住 1966年生まれ

 

仕事と子育ての両立で忙しい毎日。年齢とともに衰えを感じる自分の体に自信が持てず不安だらけの未来。

「60歳退職まで無事に務まるのか?」と思いつつ教員として頑張っていた矢先、病気になったことで今までの状況に変化が起こる。

「病気は医者や薬が治すものではなく、体の治癒力や免疫を上げることで元気な体を取り戻すことができる」

今まで病院や薬以外で病気を治す方法を知らなかった私が、東洋医学(鍼灸治療)を受けアロマ、ミネラルで自分の体が健康な状態に近づくことを実感する。

それと同時に諦めていた未来に希望を持てるようになり、教員を辞め第二の人生を歩む決意をした。

今現在は自分の可能性を信じ、「できない」「苦手」と思っていたことや新しいことにチャレンジし、自分のワクワク感を大切に行動している。

 

ボディートークとの出会い

2017年9月 知り合いのモニターとして息子と二人で施術を受ける。

息子のセッションで「蜘蛛恐怖症」という項目が出て、蜘蛛が嫌いでそれにまつわる怖い経験が合ったことを初めて聞き驚く。ボディートークはどんなものなのかを知るため講演会に参加。講演会を聞いても、西洋医学の感覚しかない私には不思議な療法だと思うだけで、なかなか理解ができなかった。

そこで、講演会で紹介のあったアクセスセミナーでは身体の健康を維持するためのテクニックを習う事ができると聞き受講。

その後、ボディートークに興味が湧き基礎セミナーを受講し、その奥深さや面白さにはまる。

ボディートークは「これから必要な療法である」と確信して施術者を目指し、2019年2月にCBP(米国IBA認定ボディートーク施術士)試験に合格。無事、CBPとなる。

 

何もできなかった自分が、人の為にできることがあるという事が嬉しいです。

経歴

琉球大学教育学部卒業

1989年4月 養護学校教諭に採用

2018年3月   29年間務めた特別支援学校を早期退職

2018年 8月 メンタルアロマアドバイザー認定取得

2018年 9月 健康管理士一般指導員資格取得

2019年 2月 米国IBA認定 ボディートーク施術士資格取得

2019年 5月 心と体のやすらぎ空間 KAROYAKA~かろやか~開業