古いカーテンで

第二の人生 ワクワク感を大切にして歩んでいる、Kieです。

 

お気に入りの古いカーテン。

片づけの時に思い切って処分!!と思ったのですが、保留。

廊下の隅にただ置かれている状況でした。

 

そのカーテンは、家を建てたときに生地を選んで仕立ててもらった物。

生成り生地に鉛筆で書いたような○に筆でにじませたような薄緑の〇を重ねた模様、材質は綿で織模様がありちょっと厚手。

とても気に入っていましたが、カーテンのかかっていた部屋は 現在娘の部屋で、彼女好みのカーテンに取り換えたのです。

 

私の部屋は小窓しかないため、それをそのまま利用することができずに洗濯して押し入れにしまいっぱなしでした。

 

今日 ミシンを出して、

大きいカーテンはベットカバーに。小さいカーテンは小窓のカーテンとプリンターのカバーにしました。

生地が傷んでほつれて切れている個所もありましたが、何とか使えるように縫いました。

 

まとまりのなかった部屋が、統一感が出て良い感じです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

娘と友だち

次の記事

時代の変化