手放した物たちへ

こんにちは、Kieです。

 

9月 最後の日。

自分で決めた目標を達成するべく、頑張りました。

 

それは「片づけ」

 

完璧とまでは行きませんが

「アッパレ!!」

と言えるところまで どうにか達成できました。

 

やってみて わかったのは、片づけに必要なのはやはり物との決別、断捨離だということ。

「狭い部屋だから」「収納が無いから」という言い訳はしないで、

そのスペースの量まで減らすと決意して進めたからできました。

 

子どもの思い出の品は、本人たちにとってはすでにいらないものだったのに

私の過去への執着で残していたんだと実感しました。

 

子どもたちが未来に進むために必要なものかどうか

私にとって必要な思い出かどうか

この二つの基準で処分できました。

 

手放した物たちへ

「今までありがとう。そして さようなら」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

久しぶりの台風

次の記事

私の役割