漢那ドライブイン

第二の人生 ワクワク感を大切にして歩んでいる、Kieです。

 

沖縄県宜野座村にある漢那ドライブイン。昔はレストランだった建物をそのまま利用して、今はアートギャラリー的な役割をしているようです。

 

その場所で11月1日から行われている 「漢那ドライブインアートプロジェクト カンドラの秋」が今週で終了なので行ってきました。

 

「カンドラ」って、おそらく漢那ドライブインの略なんでしょうね。沖縄の短い秋、作品を通して味わってほしいと開催されています。

 

10人の作家さんが作品を展示。絵本作家、切り絵、イラストレーター、写真家、映像作家など様々。

それぞれの空間をゆっくり楽しみました。

 

お目当ては高校時代の同級生 石垣克子さんの作品。

彼女は画家として様々な沖縄のイベントや展示会、東京でも個展を開催するなど精力的に活動しています。

今回の作品はコルクで作った人やワインのコルクを使った顔の作品。コルク人の口元からは優しい歌声を感じました。

 

彼女と西海岸を眺めながらのおしゃべり。

すると、米軍基地の大きな車が立て続けに3台通り過ぎました。普通の道路を堂々と走っています。

 

帰りの高速道路でも基地の車が5台走っていて渋滞を引き起こしていました。

 

これが沖縄の現状。

 

今までの私は様々なことに無関心でした。

これからの私は沖縄県民としてどう動いていくのでしょう。

 

無関心ではいられません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ハグの違い

次の記事

モデル気分で