プロフェッショナル

こんにちは。Kieです。

 

NHK『プロフェッショナル仕事の流儀 「ブランドプロデューサー・柴田陽子」』を見ました。(9月10日放送)

学びがたくさんありました。

 

新入社員の面接の時に柴田さんがどんなところをみているのか?

・頑固じゃない

・素直で可愛がられる、周りから教えてあげたいなと思わせる要素があるかどうか。

気が利く

 

が利く=想像力

柴田さんたちの仕事は全部想像力で成り立っているから気が利くことはとても重要。クライアントがどう思っているか、この業界はどうなるのか、このお店に足りないところはどこかな、どんなところがあったらいいかな など。

 

柴田さんがリーダーとして社員を育てる姿勢が素晴らしかった。仕事を任せた社員が視察に行く際にアドバイスしたのは「成功させるという結果に導くためには自分がしっかりと確信を持つことが大切。ゴールを確信できるまでイメージする。」こと。

確信に変わるまで想像する

私がこれから何かに取り組む時にも、絶対必要だと感じました。

柴田さんに仕事を依頼した側の方たちがプレゼンを聞いて、自分たちのやろうとしていることに具体的な未来が見え その期待感でワクワクした表情を見せていたのがとても印象的でしたよ(^◇^)

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

片づけ宣言

次の記事

子どもと関わる目的とは