体の声

こんにちは。Kieです。

 

先日、鍼灸治療を受けていた時に「最近体調が悪く、おさまっていた所がまた痛み出した」と隣に入っている患者さんの声が聞こえてきた。

 

「痛みは体からの合図ですよ」と鍼灸の先生。

 

私が針灸治療に通いだした2年前、先生にいろいろな質問をされた。

 

「熱が出るのは 良いこと? 悪いこと?」

そのたびにうろたえていた私。

私は西洋医学しか知らなかったので、熱が出たら薬を飲んで熱を下げる。それが常識。

 

東洋医学では、熱が出るということはウィルスに負けないように自分の体の免疫が活動して戦っている状態で良いことであることを知った。

 

鼻水、下痢、咳も外に出す反応はあまり心配しないで。それは悪い物を排出する働きだから。

症状を抑えるのではなく、体の状態・心の状態を知り根本的な原因にアプローチすることの大切さ。

 

今、私は自分の体の声をきかずに医者や薬にお任せだったことを反省中です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

息子と作業

次の記事

未来に何を見ますか?